カーテンを長い間放置していると健康に良くない!/奈良県の不用品回収・遺品整理・ゴミ屋敷ならスマイルサポート

メディア実績メディア実績

トップ > メディア実績

カーテンを長い間放置していると健康に良くない!

,
みなさんこんにちは、奈良市で不要品回収を行っているスマイルサポートです。
カーテンは光の遮断、防音、保温効果、プライバシー保護など様々な役割を持っています。 またカーテン1つで部屋の印象をガラッと変えることができるため、簡単に気分を変えるにはもってこいのアイテムです。
カーテンは汚れやすく、埃や手垢、タバコのヤニなど様々な汚れが付着しています。 また外気と部屋内の温度の差が激しい冬の時期は結露が発生しやすく、カビが発生する恐れがあります。部屋内にカビが発生すると、健康上よくありません。 そのため、カーテンは定期的に選択をすることをお勧めします。
選択方法は簡単で、素材によってご家庭にある洗濯機で綺麗にすることができます。
まずカーテンについている洗濯表示を確認しましょう。 洗濯機で洗えると記載があれば洗濯機で、手洗いの場合は手洗いで洗濯をしていきましょう。
次にカーテンを丁寧に折りたたんで洗濯ネットに入れて選択をしましょう。 折りたたまず洗濯してしまうとシワになってしまうので注意が必要です。
洗濯が終わり干す際は、カーテンレールに吊るしましょう。
年に1回はカーテンを洗濯しましょう。 洗濯以外にも除菌スプレーを吹きかけたり、掃除機で埃などを吸ったりとできることはたくさんあるため、定期的にお手入れを行いましょう。
お困りごとの際はスマイルサポートまでご相談ください。

ゴミ屋敷はリスクがたくさん、最悪の事態になる前に業者に依頼しましょう。

みなさんこんにちは、生駒市で不要品回収を行っているスマイルサポートです。
ゴミ屋敷の報道や番組、ゴミ屋敷タレントなど、最近ではゴミ屋敷に関係する様々な情報がテレビなどで放映されています。 ゴミ屋敷は高齢者の一人暮らしに多いと言われています。しかし一人暮らしを始めた学生や社会人、仕事で忙しいサラリーマン、災害に遭遇した人など誰もがゴミ屋敷の住民になってしまう可能性を秘めています。
上記に述べたように、テレビなどで放映されることによって世間の関心が高くなったため、周囲の目が厳しくなり自治体への通報が増加したり、条例の制定も増えてきています。 ゴミ屋敷が原因でいじめられてしまったり、社会から疎遠になってしまうなど、ゴミ屋敷が原因で損をしてしまう可能性があります。
また、ゴミ屋敷は近隣住民にも迷惑をかけてしまいます。 例えば、 街並みの景観を損ねてしまいますし、不衛生な状態が長い間放置されることによって異臭や、大量の害虫が発生してしまいます。 さらに、最悪の場合放火されてしまう可能性があります。 ゴミ屋敷には燃えるものがたくさんあるため、放火魔のターゲットにされやすいのです。 火災になってしまうと、隣の家に延焼してしまう可能性もあります。
このような事態になる前に業者などを利用してゴミ屋敷を片付けていきましょう。
お困りごとの際はスマイルサポートまでご相談ください。

第二の人生を有意義に!数年放置していた子供の荷物の整理をしましょう。

,
みなさんこんにちは、天理市で不要品回収を行っているスマイルサポートです。
以前子供部屋だった場所に、子供の荷物が長い間置いたままになっているという方はいらっしゃいませんか?
赤ちゃんの時に使っていた洋服や、おもちゃ、教科書、お習字道具、漫画、ゲームなど、捨てれずにずっと置いたままにしている方もいらっしゃるでしょう。
思い出がありなかなか捨てれなかったり、子供の了承が取れないから残しているなど捨てれない理由は様々です。確かに捨てれない気持ちはよく分かります。しかし、思い出の品を全て残しておくことはオススメしません。 部屋一つを埋め尽くすほどの荷物がある場合は処分を考えることをお勧めします。
子供が一人暮らしを始めて数年であればこのような状態でも問題はありませんが、子供が独立し世帯を持った場合は、実家に帰省してきた際に話し合い不要品の処分をお願いしましょう。 残しておきたいものがあればダンボール1箱分だけと量を決めて片付け、整理を行いましょう。
子供の荷物がなくなれば、ご自身の趣味部屋にすることもできたり、寝室を広くしくつろげるスペースを増やすことでき、今後の人生を有意義に暮らせるきっかけにもなります。
ご自身の体が元気なうちに子供からの理解を得て、片付けや整理に取り掛かりましょう。
お困りごとの際はスマイルサポートまでご相談ください。

布団を粗大ゴミに出す方法

,
みなさんこんにちは、奈良市で不用品回収を行っているスマイルサポートです。
使わなくなった布団や、古くなってしまった布団は捨て方に困ってしまいますよね。 可燃ゴミとして出せるの?プロに頼んだ方がいいの?と頭を悩ますことも多いとおもいます。 今回は布団を粗大ゴミとして廃棄する方法についてご紹介いたします。
布団はお住いの自治体が実施している粗大ゴミ回収で処分することができます。 一般的な手順をご紹介いたします。
1.処分したい布団の個数を数える。(その他家電や家具などがあれば合わせて種類と個数を控えておく)
2.自治体のホームページを確認して、インターネット予約か電話で粗大ゴミ回収の申し込みを行い。
3.粗大ゴミを回収する際に発生する手数料を支払うために「有料ゴミ処理券」を購入する。 自治体内のコンビニエンスストアや自治体が指定する店舗で購入することができます。
4.布団やその他処分品に有料ゴミ処理券を貼り付け、指定された日時・場所にだす。 有料ゴミ処理券は、収集される際にわかりやすいように貼り付けましょう。
また、粗大ゴミはご自身で粗大ゴミセンターに運ぶこともできます。 指定された収集日に不在で捨てることができない方もいらっしゃるかとおもいます。 そのような場合は粗大ゴミセンターに運び込む方が便利でしょう。 運搬手段がある方はこちらの方法も検討してみましょう。
お困りごとの際は私たちスマイルサポートまでご相談ください。

人間は動く綿ボコリ生産機!?

みなさんこんにちは、生駒市で不要品回収を行っているスマイルサポートです。
毎日掃除機で掃除しているのに、次の日にはすぐに埃が溜まって困るという方はいらっしゃいませんか?
清潔さを保つためには日々の掃除が大切です。 しかし、埃は日々の掃除を頑張っていたとしても、人間の日常の行動において必ず発生するのです。
1.綿ボコリ 埃の代表的なものが「綿ボコリ」です。 シャツやセーターなどの洋服の繊維のかけらが剥がれて綿ボコリとなります。 さらに布団やタオル、ぬいぐるみなどの日常生活で使用するものからも発生します。 人間は動く綿ボコリ生産機なのです。 そのため、どんなに掃除したとしても次の日には綿ボコリが落ちています。
2ハウスダスト 肉眼では確認することができない大きさの埃をハウスダストと言います。 ハウスダストの中には、ダニの死骸や糞、カビ、細菌などの物質が含まれています。 ハウスダストを吸い込むとアレルギー性鼻炎や喘息を引き起こす可能性があります。
3.髪の毛、ペットの毛 床には人間の髪の毛やペットの毛が無数に落ちています。 人間は1日に100本ほどの毛が抜けると言われていますし、ペットに関してはもっとたくさん抜け落ちています。
いかがでしたでしょうか? 埃があると突然アレルギーになってしまったり、くしゃみや咳が止まらなくなってしまう恐れがあります。日々の掃除は欠かさず、埃をためないように工夫をしましょう。
お困りごとの際はスマイルサポートまでご相談ください。

観葉植物が枯れてしまった!処分方法は?

,
みなさんこんにちは、桜井市で不要品回収を行っているスマイルサポートです。 お部屋の中に緑があると、爽やかな気分になりますよね。 そのため、観葉植物を育てているという方もたくさんいらっしゃいます。
ですが、管理が行き届かず枯らしてしまうこともあるでしょう。 枯れてしまう理由は、水をやり過ぎや日光不足、肥料のやりすぎ、根詰まりなど様々です。
仕事が忙しかったり、長期間家を空けていた場合など手入れを怠ってしまうといつのまにか枯れてしまいます。 完全に枯れてしまった場合、家の中にあっても場所を取るため廃棄しましょう。
まず、植木鉢から植物を抜き取りましょう。抜いた植物は燃えるゴミで捨てることができます。 植木鉢は不燃ゴミで捨てましょう。 土は不燃ゴミとして回収してくれる自治体もあれば、回収自体していない自治体があります。 事前に自治体に確認をしてみましょう。 土を自治体のゴミ回収で廃棄できない場合は、自宅の庭に捨てるか土を回収してくれる業者に依頼しましょう。間違っても公園などの公共の場所には捨てないでください。不法投棄となってしまい罪に問われてしまう可能性があります。
いかがでしたでしょうか? 観葉植物の処分は少し手間がかかりますね。 一番良いのは植物のお手入れを怠らず枯らさないことです。 植物を買った際は、責任を持って育てましょう。
お困りごとの際はスマイルサポートまでご相談ください。

物を大切にすることは大事、だけど物を溜め過ぎるのは危険。

,
みなさんこんにちは、奈良市で不要品回収を行っているスマイルサポートです。
現在、生前整理を考えている70歳以上の高齢者は戦争を経験しており、物不足の時代を生きてきました。 そのため、物を大切にし、使えるものは大事にとっておく習慣を持ち合わせています。
そのため、高齢者の家の中には「いつか使うから置いておこう。」「大切な人からの頂き物だから捨てられない。」というもので溢れています。
物を大切にすることはとても大切ですが、家の中に物を溜め過ぎるのはとても危険です 使っていないもの、壊れているものを用もなく置いてあるのであれば、思い切って処分してみてはいかがでしょうか。
日本人の平均寿命は80歳を超え、以前より健康的に過ごせる時間が増えました。 長く生きて入れば、ものは増え高齢者の生活を圧迫させます。 健康に気を使っていてもいつ病気になり病院へ入院したり老人ホームに入居しなければならないかわかりません。 入院中や老人ホームには必要なもの以外は持ち込めないため、身の回りのものを整理する必要があります。 ご自身の体が自由に動くうちにものを減らし整理していかないと、後々ご家族が家の中を整理することになります。
「もったいない」「頂き物だから」と物を家の中に置いておくことは、果たしてあなたの今後の人生を幸せにするのでしょうか。 私は、今後の人生に必要なものだけ、大切なものに囲まれて生活していくことが幸せに暮らせるのではないかなと思います。 生前整理に答えはありませんが、皆さんの暮らしがより良いものになるように私たちがお手伝いいたします。
お困りごとの際はスマイルサポートまでご相談ください。

ベランダが汚れる原因とは?

,
みなさんこんにちは、御所市で不要品回収を行っているスマイルサポートです。
洗濯物を干す際に使われるベランダですが、綺麗にお手入れされていますか?
ベランダは思っている以上に汚れています。 ベランダを汚すものの正体をご紹介いたします。
1.空気中の埃や塵 空気中にはたくさんの埃や塵が舞っています。 小さな汚れではありますが、長い間放置しているとどんどん蓄積していき存在感を増していきます。 この汚れが排水口を詰まらせる原因にもなります。
2.洗濯物を干す際に落ちる埃や髪の毛 ベランダは洗濯物を干す際に使われる場所です。 そのため、洗濯物についている埃や髪の毛がベランダに落ちるとどんどん汚れが溜まっていきます。 また、洗濯機が外に置いてある場合、洗濯機から排水される際に一緒にゴミが流れ出ます。 埃や糸くず、髪の毛など細かいゴミが排水口を詰まらせます。
3.雨 雨は地上に落ちる際に空気中に含まれる埃や塵、化学物質などを取り込み地上に落ちてきます。
長い間、ベランダの汚れを放置していませんか? ベランダが綺麗に掃除されてないと最悪の場合空き巣に入られてしまったり、害虫が発生してしまう可能性があります。 ベランダをきれいにしたいけど自分で掃除したくない、害虫に遭遇したくないからなかなか片付けれないという方は、業者の手を借りてはいかがでしょうか?
当社でもベランダのお掃除のお手伝いをさせていただいております。 お困りごとの際はスマイルサポートまでご相談ください。

家族のことを想うのであればエンディングノートを作成しよう。

みなさんこんにちは、大和高田市で不要品回収を行っているスマイルサポートです。
ご自身の人生の最後を見据えながら、今後の人生を生きるために、終活を行う方が増えてきました。 また終活と同じように「エンディングノート」という言葉も普及しました。
エンディングノートとは「人生の終わりを記すノート」のことです。 遺言書のように法的効力は持ちませんが、通帳や印鑑などの貴重品の置き場所や相続に関する考え方、葬儀に関する希望、介護が必要になった際の希望、病気の際に延命措置をの増加の希望など、自分の意思や記録を書き留めることができます。 ノートを書いておくことで、ご自身の死後残された家族が、故人の意思を尊重してお葬式やお墓に対して進めることができます。
エンディングノートに書き留めることは人それぞれで、ご自身の生い立ちや、思い出、死後に届けたいメッセージなど様々です。 エンディングノートを書くことで、ご自身の今後の生活のあり方、家族の大切さを再度確認することができ、書いて損をすることはありません。
エンディングノートはお住いの書店でお求めになるか、インターネットから無料でダンロードすることができます。
ご自身のために、残された家族のためにエンディングノートを書いてみませんか?
お困りごとの際は、スマイルサポートまでご相談ください。

何かと理由をつけて捨てれない!思い切って断捨離をしよう。

,
みなさんこんにちは、奈良市で不要品回収を行っているスマイルサポートです。
数年前からよく見かける言葉になった断捨離。 私も引越しを機に断捨離を行い、新居ではとてもすっきりとした家を手に入れることができました。
断捨離とは、断る・捨てる・離れるの3つを掛け合わせた言葉です。
ただ物を捨てると言うわけではなく、ものからの執着心を無くし、自分にとって必要なものだけを置いて生活できるようにする過程を断捨離では経験することができます。
人はものをなかなか捨てられないものです。 「いつか使うかもしれないから残しておこう。」「人からの貰い物だから置いておこう。」 「後で一気に捨てようと思っている。」「息子が使うだろうから置いておこう。」「いつでも処分できる。」からと様々な理由を正当化してものを捨てようとはしません。
断捨離をしようと決意したら、 お家のクローゼットや押入れ、食器棚をのぞいてみましょう。 数年着ていない服や使っていない鞄、アクセサリー、キッチングッズ、食器などは置いてありませんか? 何年も使っていないものが眠っていた場合は、迷わず捨ててしまいましょう。 しまって置いても数年生活できたのですから、今後のあなたの生活にとって必要ではないのです。
断捨離を実行し継続していくと部屋がスッキリするのと同時に、片付ける習慣や散らかさない習慣が身につくため、お部屋を綺麗に保つことができます。
当社でも断捨離のお手伝いをさせていただいております。 断捨離の際に出る大型の家電や家具の処分、ハウスクリーニングを依頼したい場合は私たちにおまかせください。
お困りごとの際はスマイルサポートまでご相談ください。
ご質問・ご相談・無料お見積りはこちら!お気軽にご連絡下さい。
ご質問・ご相談・無料お見積りはこちら!お気軽にご連絡下さい。 お電話はこちら メールでのご相談
pagetop