大和高田市エリアの不用品買取・遺品整理・ゴミ屋敷ならスマイルサポートにお任せください!

メディア実績メディア実績

トップ > メディア実績

悪徳業者から自分の身を守ろう2

,
みなさんこんにちは、大和高田市で不用品回収を行なっているスマイルサポートです(^^)
今回は、優良不用品回収業者を見極める際にチェックしたい項目を一つずつご紹介いたします。
1.回収に必要な資格は持っているか? 不用品回収の仕事は、車の免許やトラック、重い荷物を運ぶ力を持っていれば誰でも出来てしまう仕事です。そのハードルの低さに年々不用品回収業者が増えています。
それに伴い悪徳な業者も増えており、様々なトラブルが発生しています。 例えば、お金を支払ったにもかかわらず回収してもらった不用品が山や川、道路沿いに捨てられていたり、見積もり時より高い金額を請求されたりと業者の選択を間違えてしまうと大変な目になってしまう可能性があります。
優良業者を選択したい場合は、 ・古物商許可 ・産業廃棄物収集運搬 の資格を持つ業者だったら安心して依頼しても大丈夫でしょう。
2.サービスや回収品目の料金体系はわかりやすいか? 不用品回収を依頼する上で確認しておきたいのが、サービスや回収品目の料金体系です。
一般的な料金体系としては、 基本料金に処分する物の料金を合わせたものです。 この料金体系を取っている業者に依頼するのがオススメです。
その他の料金体系として、処分するもの物のサイズ、数に関わらず一理で料金が決められている定額パックというものがありますが、たくさん不用品がある時にはオススメですが、小さかったり少ない場合は損をしてしまう可能性があります。
またサイズや重さ、数などを見て判断する単価料金の場合、業者がものを見てから料金を決めるため、回収前に料金を判断することが難しく、業者の言い値になってしまうためオススメはしません。
次回に続きます。 お困りごとの際はスマイルサポートまでご相談ください。

遺品整理を業者に依頼する際のメリットとデメリット

,
6皆さんこんにちは、大和高田市で不用品回収を行っているスマイルサポートです。
遺品整理をこれから行おうとしている方の中に、業者に依頼しようか迷っているという方はいらっしゃいませんか? 故人の家が遠方なかなか遺品整理を進めることができなかったり、会社を休むことができなかったりといった事情がある方は遺品整理業者に依頼することをお勧めします。
そこで今回は遺品整理業者に整理を依頼する際のメリットとデメリットをご紹介させていただきます。検討する際の参考にしてみてください。
【メリット】 ・遺品整理に長けているプロに頼むことで、故人では数十日かかっていた遺品整理が最短1日で終えることができる。(※遺品の量によります。)
・特殊清掃や部屋内の原状回復、ハウスクリーニングなどのオプションを組み合わせて依頼することができる。(※業者によります。)
・大型な家電や家具などの不用品の運び出し、処分をやってもらえる。
・不用品の中に買取可能なものがあれば買い取ってもらえる。
・仏壇の開眼供養やぬいぐるみの供養などが必要な時は、依頼前に対応可能か確認することでお坊さまの手配をなくすことができる。
【デメリット】 ・個人で遺品整理をする時より費用がかかる。
・悪質な業者に依頼してしまうと、必要なものを捨てられたり不法投棄をされてしまう恐れがある。
いかがでしたでしょうか? 費用がかかるデメリットはありますが、個人で行う場合も状況に応じて費用がかかります。遠方から何度も通ったり、友人に手伝いを頼むと謝礼がかかったりと何かと出費がかさみます。 買取可能なものがあれば、遺品整理代に補填することもできますので一度見積もりを依頼してみると良いでしょう。
お困りごとの際はスマイルサポートまでご相談ください。

遺品整理を行うタイミングをまとめました。

,
2 皆さんこんにちは、大和高田市で不用品回収を行っているスマイルサポートです。
大切な方が亡くなった後、故人の人生を整理するためにも遺品整理を行う必要があります。
今回は、みなさんが悩まられているだろう遺品整理のタイミングをご紹介いたします。
1.四十九日などの法要 遺族が集まりやすい四十九日、1周期、3回忌などに遺品整理を行う方がいらっしゃいます。 遺品整理を行うにあたって親族と話し合うことはとても大切なことです。 特に急がない場合はこのタイミングで遺品整理を行うと良いでしょう。
2.手続きが終わった直後 手続きが終了し落ち着いた後、遺品整理を行う方もいらっしゃいます。 人が亡くなるといろいろな手続きを行う必要があり、健康保険証の返却や変更、厚生年金の手続き、死亡届の提出、公共料金の支払い・変更など様々です。
3.気持ちの整理がついた後 故人との思い出が強く、気持ちの整理がつかない場合は無理に遺品整理を行う必要はありません。 遺品整理は何日までに行わなければならないというルールや法律はないため、遺族がやりたいと思える時に行っても大丈夫です。 故人への思いが癒えるまで2~3年必要になることもあります。
4.賃貸住宅の場合は退去までに 故人が賃貸住宅に一人暮らしをしていた場合、退去までに遺品整理を終わらせて家の中を空にする必要があります。遺品整理を行わないと家賃が発生してしまうため、早めのタイミングで遺品整理を行う必要があります。
いかがでしたでしょうか。 ご自身に合ったタイミングで遺品整理を行なっていきましょう。
お困りごとはスマイルサポートまでご相談ください。
ご質問・ご相談・無料お見積りはこちら!お気軽にご連絡下さい。
ご質問・ご相談・無料お見積りはこちら!お気軽にご連絡下さい。 お電話はこちら メールでのご相談
pagetop